【新刊も300円で読める!】お得に本を読む節約術。

スポンサーリンク

自分はいろいろ本を毎月読んでいます。

自分はいろいろ本を読んでいます。

これは、社会人になり一人暮らししてから
社会人だし、本を読む生活をしてみようと心に決めたら
本という世界にはまった、本を読むのが当たり前という生活になったというわけです。

昔から親には本を読めといわれてきましたが、全然読んでなかった。


こんなに面白いなら、もっと早く気づきたかったと今は思います。

 

たった1500円で、ほかの人の人生を学べる?!

本は1500円程度で、その人の人生で学んだことを知識として学ぶことができます。
著者のいいこと(成功)や悪いこと(失敗)が詰まっているんです。

著者の経験を学ぶのに同じ経験をしなければならないと、100年生きていても足りなくなってしまうんじゃないでしょうか。

つまり、本を読むということは、人生のショートカットになるということだと思います。

 

お得に本を読む方法!

かといって、1500円でもたくさん読めばお金がかかります。

なので、いかにお得に本を読むことが重要になってきます。

自分が実際にやっている方法を公開します。
自分がやっている方法は、中古本を購入し
読み終わったらすぐ売ることです。

なんと普通なことだと思いましたか?
こういう普通のことをするだけで、安く本を読むことができます。

いまは、ヤフオクやメルカリといった中古市場が活発なので
比較的簡単に中古のものが手に入ります。

で、方法は『中古の本を購入 → 読む → 売る』

すぐ読み終えることができれば、購入した価格と同じくらいで売ることができるでしょう。

例えば、1000円で本を購入したとしましょう。
本を読み、メルカリで1000円で売れたとすると、
手数料は10%なので100円、送料はゆうゆうメルカリ便175円とします。

その結果、275円で本を読むことができるのです。こうなれば、最新の本を中古の本を買ったと同じくらいの価格といってもいいでしょう。

場合によっては、安く買えれば、その差額は縮まり0円で読むこともできるようにもなります。

月に10冊読む人なら、月に3000円で書籍費が済むことになります。

一覧で表にもまとめてみました。すべて購入と売却が同じ価格とします。

価格送料手数料
30017530205
40017540215
50017550225
60017560235
70017570245
80017580255
90017590265
1000175100275
1100175110285
1200175120295
1300175130305
1400175140315
1500175150325
1600175160335
1700175170345
1800175180355
1900175190365
2000175200375

 

自分の失敗談。

お得に読むことができるのですが、ひとつ私の失敗があります。
結局安く買えたり、高く売れないといけないわけです。

安く買おうとするあまり、メルカリとかをいつまでも見てしまいました。
時間を無駄に消費してしまいました。
これが私の失敗です、みなさんも気を付けてくださいね。

メルカリなどのフリマアプリを利用して購入する際に、価格交渉をしてみましょう。
そうすれば、安く手に入る可能性大ですよ。

[nlink url=”https://try-try-fly.fun/try-negotiation/”]

コメント

タイトルとURLをコピーしました