まじかよー、アメリカの高校生はお金のことすでに学んでるんかよー、そりゃ日本と差がつくわけだ。

 

今回は『アメリカの高校生が学んでいるお金の教科書』という本について、紹介したいと思います。

タイトルの通り、この本はお金の内容について書かれています。内容的にはお金を貯める方法や銀行の使い方、ローンの組み方、自分の人生設計、就職活動、経営するとは何か、詐欺を防ぐには、保険とは、税金とはなどといった人生にかかわるお金について学ぶものです。お金の話となると最終的に投資を勧めることが多いですが、この本ではそんな印象はありませんでした。ですが、投資したほうが今後としてはいいですけどね。

 

自分がこの本を読んで思ったことは、こんなことをアメリカの高校生はすでに学んでいるというのは、本当にすごいことだなって感じました。確かにすべてを理解するのは難しいけど、その一部でも理解できていれば十分なのではないかと感じます。逆に自分は高校生の時に親からただ”貯金しろ”と教えられただけで、当時は銀行口座も持っていなかったですからね。。。

というのが、自分の高校生の時の話ですが、ほかのひともそんなに大きくは変わらないと思います。

日本はといえば、自分のように高校生の時には何も学ばず、かといって大学生の時に学ぶのかといえばそんなこともなく、社会人になっていくのです。自分は社会人になってからこういったことは自分で勉強していましたけどね。多分、日本人の社会人でも理解できていない人は多いのではないでしょうか。

本当に日本のマネーリテラシーの低さは、心配になるほどです。学校が教えてくれないというのもあるかもしれませんが、それ以上に親がそういった知識を知らないし、日本特有のお金の話はタブーによりなかなかお金の話はできてないなのが現状だと思います。その何も教えられていない子供が親となり、また知識がないので子に伝えることなく、、、という負のスパイラルの状態になるのです。現状日本の教育にこういったことを求めるのは無理があるので(期待ができない)自分で学んでいくしかないのです。

 

確かに学校の勉強というのは、重要です。自分は学校のあるべき姿は子供に勉強を教えるのではなく、勉強の楽しさを知ってもらう、好きな分野を見つけてもらうところだと思っています。なので、重要だと思うのですが、人間生まれた瞬間から死ぬまでお金にかかわらないということはあり得ないですからね。だから、お金の教育っていうのは重要だと感じています。

 

 

1つ質問します、「貯金できていますか?」

 

この本の中にこんなことが書かれています。

貯金はひとつの習慣であり、貯金ができるということは人格の一部になる。人生をきちんと考え、計画を実行する粘り強さと自制心がある証拠だ。

貯金するというのは本当に難しいことだと思います、だって世の中には欲しいものがいっぱいあるから。欲しいものを諦められるようになるのは貯金の1歩でしょう。次に今の自分の生活レベルを下げるというのももっと苦しいはずです。ですが、下げた瞬間はつらいですが、なんだかんだなれるようになりますよ。

 

そして、最後にこの本に書かれているお金との向き合い方について紹介しましょう。

私がこの本を書いたのは、あなたがお金と賢く付き合い、たくさんの人生の目標を達成する手助けをするためだ。とはいえ、本当に大切なのは喜びと幸せに満ちた意義深い人生を送ることであり、お金はその手段でしかない。

自分が言いたいのはこのこと。お金っていうのは自分のやりたいことや幸せを手に入れる”手段でしかない”ということ。何かの目標のため、自分の幸せのためにお金を貯めるというのは大いにいい決断だと思う。

しかし、決してお金を貯めることが目的になってはいけないのだ。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました