『コスパのいい』日々のお金の使い方を学ぶ「年収3万円のお笑い芸人でも1億円作れたお金の増やし方5.0」 

今回はこの本を紹介したいと思います。

 

スポンサーリンク

毎月の収入が少なくても貯金できれば、1億円を目指せる。

自分はこの本を読んでこう思いました。

著者は芸人の仕事+バイト代で月7~10万円の収入だったそう。一見これでは貯金なんてできない!と思いそうだが、著者は月に2~3万円の貯金をできるように”工夫して”生活している。

こんな少ない収入でも貯金ができるのだから、正社員の人なんてもっと貯まるのではないか。

この本の著者は『コスパ』というのを大切にしている。
例えば1円でも安くするために隣町のスーパーに買い物するのは得か?という問題。
著者は時間がかかるし、交通費も無駄になるから『コスパが悪い』というのが結論。

しかし、ランニングという運動がてらなら『コスパがいい』と考える。

例え高いものでも、必要であれば購入するし、購入するからには”いかに安く購入するか”ということに注力を注ぐ。これが『コスパがいい』ということ。

この『コスパ』を考えのもとにして、日々のお金の増やし方・節約の仕方を本で述べている。
そしてこの考え方は株式投資、世の中の経済にも広げていく。

この本は株式投資についてではなく、毎日のお金への考え方を伝える。

著者は株式投資を初めて6年で1億円達成している。

しかし、この本では株式投資のわずかな部分だけを取り上げている。要は株式投資のテクニックを学ぶ本ではなくて、”日々のお金へのコスパを高めるテクニック”を述べ、それを元手に株式投資へといざなっている。

個人としての感想は、このテクニックというのは自分もやっているものも多く、こういった自分にとっての普通は他人にとっての普通ではないということを知った。
こう考えれば、自分ももっとこういったテクニックを世の中に広めていったほうがいいのかなと考えるので、今後もこのブログを通じて知識を世の中に広げていきたい。

ちなみにこの著者は「沸騰ワード10」という番組に怪人コスパ男として出演している。本では著者の動きがわからないが、映像として動きが見えるので、ぜひこの番組も参考にしてほしい。

昨日ソフトバンクのスーパーフライデーで、吉野家牛丼が無料でした。すかさず落ちてるお金を拾いました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました