不動産投資の勉強で学んだ知識は一生、役に立つ?!

スポンサーリンク

不動産投資の勉強は、世の中の人全員に役に立つ?!

不動産投資の勉強を始めてからはや3年。
2年とちょっと買えない期間を経て、今年の2月に都内中古区分マンションの一室を購入。
このマンションを購入して、毎月税金等を計算して、手取り1万円。

そしていまも新しい物件を購入しようと休みの日には物件を見て回り、
購入意思を不動産屋さんに伝えていますが、現在まで新たな購入には至らず。。。
不動産投資って、今後日本の人口は減るし、入居者がいなかったり、金利が上昇したり、事件が起きて問題になったり、地震が起きて。。。そんな風にリスクを考えるとキリがありません。

自分もそんな不動産投資をみなさんに、強要することもしたくありません。

でも、不動産投資の勉強って全員が役に立つと思うんです。

なんでかって?

それはみな、今現在生きていて、そして、マイホームだろうが賃貸であろうが自分の家があるからです。

不動産投資の勉強したからって、投資する必要なんてないと思います。

自分は投資してますが、この勉強を経て、十分に元は取ったなと感じています。実際に投資しなくとも元は取ってますが。

では、それはなぜかということを解説していきましょう!

自分はどこで不動産投資を学んだのか。

この段落はあくまで、自分がどこで学んだかを紹介するだけです。

別にここで学ぶことこそ正解なんだ!!とも思いません。
自分だって別のところで勉強していれば、投資の成果がもっと高いかもしれないし、
もしくはもっと低いかもしれない。そんなことはどうやっても比較しようがないです。

ここで勉強しなくとも、自分より断然稼げている人も世の中にいますもん。

なので、自分が実際に勉強した一つの例として紹介します。

自分が学んだ場所は、ファイナンシャルアカデミーという会社です。

スクリーンショット (413)

ここの特徴は、不動産セミナーとかにありがちな
セミナーをやって、主催の会社の宣伝に回ったり、契約の話をしたりそういったことがありません。

ただ単純に勉強の仕方を教えるだけ。
で、ここで不動産投資スクールという講座を受けます。
Webで授業を聞くこともできるプランもあれば、実際に教室に行く+Webプランもあります。
共に2年間学べて、Webのほうが321,840円、教室+Webのほうが408,240円
自分は無料のお金の教養講座に行ってみて、このスクールを知りました。
そのとき教室+Webのほうは割引してくれて、Webのみのほうと同額になった気がします。
でも、その提案でも30万円か~、高い。でも、学んでみたいという気持ちの瀬戸際でした。
なので、数日間料金変わらずでいいという提案から、考え学ぶことを決意します。

当時、まぁ30万円なんて人生でマイホーム買ったりするときに、使えば役に立つし、元なんて取れるだろうと安易に決意してました。

注意したいのは、ヤフオクとかでテキストとDVDを購入して勉強する場合、
やめたほうがいいです。
自分も実際にやり、お金を無駄にしました。

というのは、情報が古いのです。
もちろん勉強にはなるのですが、投資は最新の情報が必要になります。
安いけど知識にならない、高いけど知識になる
、、、どうせ学ぶならどちらがいいですか?

どうやって元をとったのか。

スクールに通い、実際にどうやって元をとったのか。そして、みなさんがどうやったら元が取れるのかを検討したいと思います。
その前に先ほどから話している『元を取る』の定義を決めましょう。
元を取るとは、勉強するのにかかった費用(ここでは30万円)を学んだ知識を活用して物件を安くしたり、資金管理したりし、ある種節約し、その分を取り返すというものとします。

〇マイホーム派のパターン

マイホーム、正直高いです。マンションであろうと、戸建てであろうと。
でも、あれ?この物件値段が相場より安くないか?ということもあります。
例えば、埼玉県のある町に築10年程度、最寄り駅から徒歩10分
60平米のマンション一室が、1400万円で売られました。
皆さんどう感じますか?高い?安い?
これは一概に言えません、すっごく田舎なら高いかもしれないし。

ですが、こちらは最寄り駅の利用者数が10万人を超える駅です。

これを聞いたら安い!かもと感じませんか。
自分は安いと感じて、不動産屋さんに連絡しました。
別に事故物件ということではなかったです。
調べるとどうやら、このマンションは2000万円程度で売り買いされているらしい。相場より安く買えれば、元は取れたんじゃないでしょうか。売れば、利益になりますし。
こういうことがあること自体、普通の人は知らないと思います。

ですが、日々勉強していると、あれ、値付け間違ってんじゃないのって気づけるんです。
続いて、この物件のお話を聞いたところ、
旦那さんが病気で早く家を売りたいという話。

自分はこの物件が欲しかったのですが、ポーカーフェイスで早く売りたいのなら、もっと安くしないと売れないと不動産屋さんに伝えました。

その結果、1400万円⇒1250万円という150万円の値引きが成功しました。
これなら、勉強代以上の元が取れたということでしょう。
これも、普通の人は知らない話だと思います。今回は150万円という大きなお金でしたが、数十万円なら大概対応してくれると思います。

ちなみに、投資のためではありますが、ほかにも交渉成功したことがほとんど。650万円を500万円に、1580万円を1300万円に、頭に話した物件も680万円を650万円に。
もっと知識が必要ですが、戸建てでもマンションでも購入すれば、土地を所有することになります。

今自分の住んでる家、いくらの土地の値段が付きますか?
そして、住んでる家、売れる価格でなく、いくらの価値があるのですか?
その土地と建物の合計はいくらで、購入した際いくらだったのですか?
こういったことも把握して購入していれば、お得に家を買うことができます。

〇賃貸派のパターン

勉強する前、自分は一人暮らしで、東京のある市で賃料54,000円で住んでいました。
勉強し始めたのち、駅から遠いし、学生街であるこの市ならもっと安く住めるはず!
と考え、違う町に引っ越しました。

別にボロボロでないし、駅からより近くなりましたが、賃料が、35,000円でした。
ということは、19,000円の割引です。年間228,000円の割引。
そして、自分は不動産屋さんにこう伝えました。
「別に引っ越さなくてもいいが、もし家賃2か月分なしにしてくれるのならすぐ決めます」と。
不動産屋さんと大家さんの交渉があったのでしょう。


結果、家賃1か月分なしに、、、かつ家賃32,000円に変更すると!!!

一年住んだとして、32,000円+36,000円=68,000円の割引。
さらに、内検した時、普通にきれいだったので清掃いらないので割り引いてくださいとおかげでいくらか浮きました。

合計すれば、296,000円+清掃費という割引。

これでも元は取れたのではないでしょうか。しかも、元は取れたので、今後は手元に残るだけになります。
マイホームでも、賃貸でも共通するのは『言ってみてダメならしょうがない。
でも、言わないとわからないです』

確かに、言ってみてダメになることもあります。 (先ほどの例は成功したものです、その裏には失敗に終わった物も多々あります)ですが、言わないと家賃一か月割引しときましたわなんてことありません。

知識は学んでいれば、何度でも活用できる。

 

a759873f1a93f5ac62778bbfd2b9f193_s

今回マイホームと賃貸で比較しましたが、 家いうものは生きていれば一生関係があることでしょう。
人生で引っ越しは何回するでしょうか、親から代々受け継ぎ一回もしないひとはそもそもローンとか家賃とかの概念がないのでは。そんなひと多くはないでしょう。

ということは、いかに若いうちから学び、得をしていくことが大切なのではないでしょうか。

知識は学んでおけば、何度でも活用できます。

どんどん学んでいきましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました