海外旅行の保険を延長できる!リクルートカード作ってみた。

スポンサーリンク

んー、海外旅行の時の保険延長、増額したいー。

世界一周を計画している身として気になるのは保険。

今は、別にANAゴールドカードもあるし、エポスカードの利用付帯保険があるから構わないけど、期間が限られているんです。その期間は90日ですので、大体3か月。

もしこの期間を超えるとどうなるかというと、保険適応外なので無保険状態。。。
利用付帯の保険だとしても、日本での交通機関を利用した場合に限るという条件。

これなんとか解決するすべはないのか、調べてみたところ

海外で公共交通機関を利用すれば、その利用した日から保険が適応されるというクレジットカードがあることが判明!!

こういうことができるのであれば、90日以内の旅行の保険を増額したいと思ったときでも現地で利用して増やすこともできます。

それが、リクルートカードです。

スクリーンショット (249)


このことを知り、調べたのでまとめたりと思います。

 

リクルートカードについて

 

基本情報

〇 年会費永年無料

〇 ポイント還元率 驚異の1.2%

〇 nanaco、楽天Edy、モバイルSuica、SMART ICOCAのチャージにもポイントが付く。(合算で月3万上限)

〇 VISA、Master、JCBから選べる。

〇 海外旅行の利用付帯を現地で利用することで、保険の増額・延長ができる。

ざっと、こんなもんです。

現在のクレジットカードで還元率が1.2%というのは、通常0.5~1%の中ではかなり高い部類です。

高還元のポイントの使い道は。

利用した金額に応じて、リクルートポイントとして貯まっていきます。

リクルートポイントは宿泊予約サイトであるじゃらん、ネット通販のポンパレモール、居酒屋・レストラン予約のできるホットペッパー等々のサイトで利用ができます。
自分はあまりこういったサイトを利用しないので、どうなのかわかりません。。。

自分として利用しやすいと感じたのは、ポンタポイントとの等価交換です。
これなら、ポンタ提携店であるローソンやゲオ、HMV,ケンタッキーなどのお店で使えます。

さらに、お得な利用方法はローソンのお試し引換券です。
これを利用すれば1ポンタポイント当たり、2~3円くらいの価値で利用できます。

では、本題の海外保険について。

ざっくり、海外保険の一部内容を添付します。これはJCBですが、VISA・Masterも同内容です。

スクリーンショット (248)

詳しくはこちらを参照ください。
リクルートカード 海外旅行利用付帯条件

下記にこのような記載があります。

スクリーンショット (247)

”補償対象旅行期間”というところの、(2)をよく見てください。

「日本出国後に公共交通乗用具の料金のお支払いに該当JCB(JCBの情報です)カードをご利用いただいたときは、最初の利用時から3か月後の午後12時までの旅行期間」と記載されています。

つまり、海外現地で公共交通機関を利用した場合は、その日から3か月補償の対象としますということ。

これを利用すれば、現地で自動付帯の保険が切れそうだーとなったとき、リクルートカードを利用すれば3か月間は保険が効く状態になるわけです。

ただ問題は保証の金額が少ないということ。ないよりはましですが、海外で何かあったときの料金はかなりするので、これではすべては対応できないでしょう。ちなみに、盲腸の手術で200万円くらいはかかるようです。

では、この補償額を引き上げる方法を追求しましょう。

リクルートカードを2枚作る!?

公式サイトの質問に2枚作る方法が記載されています。

リクルートカード - ヘルプ
スクリーンショット (249)

要は「VISA or Master」+「JCB」の2枚持ちができるということ。

こうすることで、リクルートカードが2枚作れます。現地で各々使えば補償額は2倍になるわけです。

自分は世界一周準備として発行しましたが、JCBが現地で利用できるとは限らないのでVISAのみ作りました。

ほかの利用付帯のカードは?

申し訳ないですが、まだほかのカードで同じことができるのは把握していません。

また、楽天カードはこの方法はできないということです。

お得な発行情報

スクリーンショット (244)

普段は6000リクルートポイントが新規発行で付与されるようですが、週末になると上がるようです。

画像は2/1~2/4の期間限定で+4000リクルートポイントの合計10000リクルートポイントでした。
週末がポイントアップしがちの様です。

自分もこのカードを発行する際、経由サイトを調べましたがJCBブランドの発行のみが条件で、VISA等はありませんでした。。。

ですが、VISA・Masterのひともチャンスがあります。

スクリーンショット (245)

「楽Pay」を利用した方法で、ポイントゲットです。

〇楽Payとは

スクリーンショット (246)

要はリボ払いということですね。リボ払いは金利がかなり高いので通常は利用しませんがこのキャンペーンの条件を利用します。

このキャンペーンの条件が2つあります。

〇 楽Payに新規登録し、毎月の支払いが1万円以下に設定。

〇 ショッピングで1万円以上の利用。

ここに目を付けました。余計に金利を払わずにポイントだけもらうには

楽Payを毎月の支払額1万円に設定し、ショッピングで1万円ぴったりの利用です。

支払額の設定が”以下”なので1万円はOK、そして、ショッピングも”以上”なので1万円で条件を満たします。(1万円ぴったりはなかなかないと思いますが、ふるさと納税とかがいいと思います)

そうすれば、無駄に金利を払うことなく、1000ポイントがゲットできるわけです。
ポイントゲットした後は解除するのを忘れないように。

5万円以上の利用で3000ポイントもありますが、管理が面倒なのとそれなりに金利を払う計算になるのでお勧めはしません。

紹介コードを貼っておきますので、もし内容が良かった、発行したいと思ってもらえたらこちらからお願いします。

リクルートカード 新規発行紹介コード

 

なぜ、今回の発行に至ったか。

いままで述べたことも事実ですが、nanacoチャージもポイント還元の対象であるということも自分にとってメリットでした。退職すれば信用力の低下を招き、場合によってはカード発行ができないことも増えるでしょう。各種税金を支払う際に利用できればという風に思いました。

あと、最近知ったのですが、1枚のクレジットカードで登録できるnanacoの数はnanaco+nanacoモバイルの2枚までなのです。なので、税金用のカードも欲しかったわけですね。

リクルートカードの使い道は、「海外保険増額・延長」「税金支払い」専用とします。

追記!リクルートカード届きました。

リクルートカードが届きました。2週間くらいかかったのですが、自分の住所記載ミスで審査が遅れていたようです。(自動入力に設定してても確認は必要ですね)

三菱UFJニコスが発行するリクルートカードも、しっかり保険は出国後でも適用可能でした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました