お金持ちほどコスパを考える。貧乏な人は他人に見栄を張るためにお金を使う。

 

お金持ちはなぜファーストクラスに乗らないのか?ということで、こんな記事がありました。

同じフライトで、同じ場所に移動するだけなのに、ファーストクラスとエコノミークラスには大きな差がある。

この記事ではJALの東京ーニューヨーク間のフライトで、ファーストクラスとエコノミークラスに100万円の差があることを例に出してる。

さて、同じ移動なのに100万円の差はコスパがいいのか?という話になる。

比較すれば何が違うか。食事、席などいろいろあるがそれが100万円の価値があるかどうかと言えば、それはないだろう。

お金を払ってまで乗る必要はなく、マイルで行くなら別だけどね。あと、人生の経験としてなら1回くらいならいいんじゃないか?

スポンサーリンク

お金持ちはコスパを考え、必要なものにはお金を払い、不要なものには払わない。

記事にもあるが、お金持ちはなぜお金持ちになれたのかと考えると

お金持ちは価格に対する価値への評価が、とても厳しい人種です。必要なものには、数百万円でも即断で買いますが、不要なものはタダでもいらないという感覚を持っています。

お金持ちだからといって、何でも好き勝手に豪遊するのではなく、「必要、不要。価格の妥当性」を厳しく、合理的に判断するからこそ、彼らは結果的にお金持ちになるのです。

まさにそうだと思う。

お金持ち=ビルの屋上で女性を纏い、プールでパーティーという成金のイメージを持つ方もいるだろう。しかし、本当のお金持ちは実はそんな豪遊はしないのである。

本当のお金持ちは、自分にとって価値があるものに対してはお金を払うが

全く価値のないものには、お金を1円も払わない。そういうコスパを考えるからこそ、お金持ちになる。

つまり、会社で言えば儲かっているからと言って、ガンガン経費を使うわけではなく、必要な分だけ使うのが利口なやり方なのだ。

自分という人生も、1つの会社と考える。

これまでの話はあくまでお金を持っている人の話だった。だから、自分には関係ない!そう思ってもらいたくない。

あなたも同じスタンスを持つだけで、お金持ちになれるチャンスがある。

 

もし、あなたがいま人生の岐路に立たされているとして、どちらを選ぶだろうか。

 

では、お金持ちになると言う選択を選んだとする。

なら、記事にもあるように本当に必要なものにだけお金を使うべきだ。

例えば、他人に見栄を張るために新築の家を買ってないだろうか、無駄に広い部屋に住んでないか。いろんな国がある中、海外旅行にハワイを選択してないだろうか。水筒はダサいと思って、ペットボトルを買ってないだろうか。また、水もダサいからと避けてないだろうか。

どれをも見るに、他人に対する見栄のようなもん。つまり、自分に出なく、他人にお金を使っていることになる。

なんと無駄なお金だろうか。それは自分にとって価値があるのか?

よく考えて行動してほしい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました