ループイフダンによる投資法と2017年実績を公開するよ。

スポンサーリンク

自分がおすすめするループイフダンの成績を公開するよ。

4a9c2752411dc739f096476fc6a15e6c_s

自分が資産運用をしているもののなかで、アイネット証券のループイフダンというものがあります。

今回は、こちらについて解説していきたいと思います。

 

そもそも、FXとは?

投資の中に『FX(外国為替証拠金取引)』というものがあります。
なんだか難しそうな名前ですが、FXはForeign Exchangeの略称です。

つまり、簡単に言うと
海外に旅行するときに、アメリカなら米ドルに、ヨーロッパならユーロに等々両替しますよね。この両替のことを指します。

各国々のお金というのは、各々人気度合いが違います。

経済が活発な国や金利が高い国(日本はマイナス金利なので、銀行に預けてもほとんど利息が付きません、これに対し、トルコの通貨トルコリラはなんと現在16.5%なんです!)
というような国にお金が集まります。

そうすると、その国の通貨が欲しい人たちが欲しい欲しいとなり、値段が上昇するわけです。

また、逆に人気のない国であれば、誰も欲しくない状態になり、値段が下がるというわけです。

要は「お金の価格というものは、常に変わっているのです」

 

日本に住んでいて、円のみ使うのであれば、お金に値段が付くというのはよくわかりにくいし、知らなかったということはあります。

お金の価格なんて聞いたことないよ~と思いますが、

ニュースとかで「本日の外国為替取引は、1ドル110円40~45銭で取引を終えています」
こんな風に放送されているのを聞いたことがあるかもしれません。

で、FXとはそのお金の価格を利用した投資方法となります。
米ドルが安い時に「日本円で買って」、高くなったときに「米ドルを売る」。そうすることで、利益が出ます。

例えば、1ドル100円の時に、日本円100円で1ドルを買いました。
その後、1ドル120円になったときに、1ドルを売り、日本円を120円受け取りました。

この「120円ー100円=20円」のように、20円が利益になります。

FXの世界では、10000ドルで行ったりしますので、今の例だと利益は20万円となったりします。

先ほどの利益をキャピタルゲインといいますが、さらに、スワップによるインカムゲインというものもあります。

スワップとは、簡単に言うと、銀行に預けた際につく『利息』です。
海外のお金を持っているのだから、その国の金利を受け取るということになります。
トルコの例だと、24万円で10000トルコリラ購入すると、日により変動しますが一日に90円(SBIFX参照)ですので、年間で33000円程度利息として付きます。

日本円だと、銀行金利0.001%ですので、24万円貯金している場合、たった2円の利息となります。

 

円安と円高の関係

円安とは、先ほどの例にと挙げた、1ドル100円だったものが、120円になった状態(100円よりも増えている)のことを指します。また、ドル高ともいいます。

逆に、円高とは、1ドル100円だったものが、80円になった状態(100円よりも減っている)のことを意味し、ドル安ともいいます。
(今回は米ドルを例にしていますが、ユーロやほかの通貨でも円高円安の関係は変わりません)

円高は、日本円がほか通貨と比べて人気があるときになります。
中東問題とかなにか問題があるときに、「安定資産」と呼ばれる円を皆欲しがるわけです。
そうすると、円の値段が上がる → 円高 の流れです。

円安は、不人気のときになり、世の中が「安定 → リスク」をとるというときになりがちです。

 

自分が運用しておすすめするループイフダンとは?

アイネット証券のループイフダンとは、このFXを自動で売買してくれるものです。

FXの問題点として考えるのは、売り買いの管理がめんどくさいし、FXは常に変動する中、私はそれが気になってしょうがないという状態になります。
また、やりたいことも集中して取り組めなくなります。

これが嫌なので自動でやってもらえる、ループイフダンを活用しているわけです。

ループイフダンの仕組みの詳細はこちら。https://inet-sec.co.jp/systrd/system/loop/

センスよりも、一番重要なのは資金管理!

現在、米ドルは1ドル109.8円です(2018.6.6現在)
私個人の考えですが、米ドルがどんどん下がり、1ドル10円とか1円にはならないと思っています。
まして、米ドルという世界で一番の通貨が、この世界からなくなるということもないと思います。

ですが、2012年には1ドル80円くらいであったことも踏まえ、現在から1ドル80円に下がる可能性は、大いにあり得ます。下がっても、もとに戻ればループイフダンでは稼ぐことができますので十分な資金がありさえすれば、大丈夫であると考えます。

 

ループイフダンの必要資金を掲載しています。https://inet-sec.co.jp/systrd/information/

2017年運用実績を公開します。

昨年の1月から20万円の資金を投入し、1ドル110円くらいから50銭上がったら、売り注文(利益確定)する設定を1000ドルで行っていました。

この資金管理であれば、10円くらい下がっても耐えきれるものでもっと下がれば資金を増やそうと考えていました。

スクリーンショット (394)
(図の赤線は、資金+利益の推移、棒は利益を示します。)
最初のほうは、どんどん下がっているのに対し、恐怖感を抱いてしまったため
損切を勝手にしてしまったりしましたが、精神
的に落ち着き途中から徐々に資金が増えました。

最終的に、年間で45000円程度利益が出ました。
1,3月のマイナスを考慮すれば、大体月に5000円の利益となります。

今年の途中から、さらに40万円投入し、運用をしています。今年、すでに55000円利益が出ていますので、利益が10万円となりました。

このようにちょっとの金額からでも、デモンストレーションでもいいのでやってみて、できたら資金を増やすというステップを踏むといいと思います。(自分は20万円で始めました。)
自分自身、石橋をたたいて渡る主義ですので、ちゃくちゃくと歩んでいきたいと思っています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました