【チャンス”大”!!】SBIネオモバから”ひとかぶIPO”が始まる。

ひとかぶIPO|ネオモバ - Tポイントでのポイント投資はSBIネオモバイル証券
通常100株単位での申込になるところが、ネオモバの「ひとかぶIPO」は、1株から申込OK!誰でもお手軽に参加が可能!優遇枠として「若年優遇」や「取引継続優遇」などユニークな配分方法があるので、 投資資金が少ない20代、30代の方にもチャンスが拡大!さらにFXの口座をお持ちの方も当選確率がUP。Tポイントでのポイント投...

SBI証券の子会社であるSBIネオモバから、ひとかぶIPOというのが始まります。

IPOというのは、株を新しく発行し、投資家からお金を集める方法の1つですが、その新規上場というわけになる。ある本で読んだのですが、新規上場に伴い、株を発行する会社は最初の売り出し価格よりも上がることを期待しています(逆に下がったとなれば見積よりも価値が低かったという意味)し、証券会社もそれを裏切らないように価格を設定するよう。なので、売り出し価格よりも初値が高くなることが多いということなのですね。

しかしながら、期待される株なら大きな上昇が期待できる一方、財務諸表などが悪く期待されない、株発行数が多い会社であると下がってしまう傾向があります。自分は過去に2度IPO(ソフトバンクとBASE)に当選しましたが、残念ながらともにマイナスの結果になっています。

ですが、本来IPOというのは勝つ確率が高い投資方法なのです。トータルで見れば勝つことが多いわけ。ま、もちろん参加者が多くて当選しにくいというのはありますが。

で、SBIネオモバからひとかぶIPOが始まるわけですが、これは本来100株から購入するものをさらに100分割して1株から買えるようになったということ。そうなると必然と当選確率が上がりますよね?なので、1回の利益は下がるかもしれませんが、稼げるチャンスが増えるということなのです。

では、このひとかぶIPOのメリットを考えていきましょう。

スポンサーリンク

SBIネオモバイル証券のIPO参加のメリット。

1、1株単位で購入できるので、当選確率が上昇し、小額から参加可能になる。

冒頭に話した通りですが、通常100株から購入するものを1株ごとにするのだから、当選者数は増えます。また、100株だとものによっては50万円の投資資金が必要ですが、1株であれば5000円で済むのでかなり少額から挑戦できます。

問題点として、1回の利益が下がるということですが、過去にHEROZという会社のIPOがありました。売り出し価格が1株4500円で、初値が49000円という結果だったのです。当時100株購入できていれば450万円くらいの利益が出ていましたが、それでも1株でも買えていれば4.5万円くらいの利益になったということです。こう考えるとたとえ利益が少なくなろうともやる意味はあると思いますよ。

2、若年優遇、取引継続優遇の配分方式で、チャンス拡大。

IPOを取り扱う証券会社は、完全抽選や、SBI証券のように一部は完全抽選で、残りはポイントの多い順で決まるというものなど様々です。SBIネオモバでは、若年優遇や取引継続優遇といった配分方式なので、若い人にはチャンスが広がるとのこと。

SBIネオモバは、スマホから利用できる証券会社。若年層のスマホ世代に対して参加してほしいという気持ちが表れている気がします。

3、SBIネオモバは新しい会社で利用者が少なく、当選確率アップ?!

SBIネオモバは比較的最近できた若い会社です。なので、まだ利用者が少ないのが現状。当然ですが、大本のSBI証券よりは少ない。ある情報だと10万人の登録者数らしいです。SBI証券は4百万人なんだとか。

そうなれば、必然とIPO参加者が少ないので当たりやすいということになりますね。こういうのは先駆者が勝てるのですぐ行動したほうがいいと思います。さらに、1の1株ごとの当選になるので、さらにぐっと当選確率が上昇しそうです。

≪追記≫
SBIネオモバイル証券は、SBI証券とCCCマーケティングとの合弁会社として2018年10月30日に設立。その後、2019年4月10日にサービスを開始した。今回、SBIネオモバイル証券は12月2日、累計口座開設数が20万口座を突破したと発表した。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191204-00000000-sh_mon-bus_all

最新の情報だと20万人達成のようです。

ちなみに、自分は2株当選しました。

先日ネオモバで初のIPOとなるバイセルテクノロジーの株が当選しました!

たった2株ですが、外れている人もいるようですのでそれなりに競争率は高いかも。

 

この銘柄が上場を果たし、売値は3100円でした。初値は3700円くらいと高かったのですが、SBIネオモバでは初値が付いた次の日から売買開始なので、どうしても初値には売ることができません。ここの点がなんだかやきもきしてしまいますね。とはいっても利益が2000円でました!!

 

IPOでなくとも、SBIネオモバイル証券はお得です。

[nlink url=”https://try-try-fly.fun/sbineomobile/”]

過去に記事にまとめたのですが、IPO関係なしにSBIネオモバイル証券はお得です。

簡単に言うと、月会費220円(月取引額が50万円以下)からで、毎月200ポイント手に入ります。このポイントは期間限定でSBIネオモバの株購入にしか充当できませんが、実質20円の支払いで済むということ。自分はこのポイントでこつこつとZホールディングスの株を2か月おきに買っています。個人的にヤフーを応援したいし、将来的に伸びるかなーという軽い気持ちでいます。今のところ+18%と好調!

また、ここで購入した株から配当金も出るし、株数に応じて優待ももらえるので至ってふつうの証券会社なのです。

初めて投資をしたい方、株っていうのが怖いっていう方でも簡単に挑戦できる金額でしょうし、株購入にTポイントも併用できるので使い勝手がいいです。逆にSBI証券ではTポイントは投資信託にしか使えないですからね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました