ANAフライングホヌに乗って改めて気づいたSFC修行のメリット!!

なんだかんだ初めてSFC(プラチナ)効果発動したけど、めちゃめちゃいいじゃん!!

先日、フライングホヌでハワイに旅行した話は、下記のとおりです。なんだかんだ、昨年SFC修行をしてその後今年はLCCにばっかり乗っており、全然達成したのに恩恵を受けていませんでした。

[nlink url=”https://try-try-fly.fun/flyinghonu-preeco”]

いざ、やってみるとその恩恵は計り知れないものでした。では、SFC会員になって初めてのANAに搭乗した時感じたメリットをまとめてみます。

スポンサーリンク

SFC会員になるとANAでの優遇はもちろんのこと、スタアラでも優遇を受けられます。

この記事を読んでくれている方はSFCを目指している方が多いのではないでしょうか。ま、そんな方のために参考になるように、記事を書いているわけですが。

SFC会員というのは、ANAの会員の1つです。ですが、ほかのスターアライアンスではどのような待遇になるかというと、スターアライアンスゴールドメンバーにもなれます。これは一番上位のクラスになります。

 

つまり、SFC会員になるということは、スターアライアンスにおいても優遇されるということになります。今回紹介するメリットの一部はANA限定かもしれませんが、少なからず平会員よりも上位になりますのでもしかしたら同等の優遇を受けられるかもしれません。

なので、ぜひとも早く取っておきたいものですね。自分の友人だと取得して10年以上経過しており、毎回お世話になっているのだとか。自分はまだ1年目・・。

特典

 

1、無料でプレミアムエコノミーにアップグレードしてもらった.

これはもうあまり今後期待できないものかもしれませんが、無料でエコノミーからプレミアムエコノミーにアップグレードしてもらいました。

この違いはすごいものです。席の広さやフットレストが違うわ、食事は違うわ、搭乗ゲート違うわ(これはただの優越感)CAさんもエコノミーと違って席数に対して多いので、接客も優しいです。(もちろん普段も優しいですが、より配慮してもらえるイメージでしょうか)

簡単に調べてみましたが、エコノミーよりもプラス2,3万円くらいは高いですね。なので、往復で5万円くらいの還元が受けられたということです。

ただ、このサービスはANAのみのものなので、スターアライアンスにおいてはできるかどうかはわかりません。しかし、先ほども言った通り平会員よりも上位の位置ですのでチャンスはあります。

2、ラウンジが利用でき、のんびりとしながら食事ができる。

次にいいなーと感じたのが、ラウンジの利用でしょう。通常ラウンジを利用しないとなると、搭乗ゲートの近くやらに座って待つことになります。海外旅行でよく言われるのが出発の2時間前には空港についているようにということを聞きますが、意外とほかの人が少なくとすんなりチェックインから出国審査まで行ってしまい、時間を持て余すことになります。

となると、結構暇なんですよね。別に暇が嫌だってわけじゃないですけど、充電したいけどみんな占領していたりしてたり、おなかがすいても空港の食事は高いし(旅行者価格)といったことがあります。

しかし、ラウンジが利用できれば、食事も飲み物も、場合によってはシャワーも利用できるんです。もちろん無料で。

自分なら早くからいって、のんびり食事しながら飛行機を眺めています。

参考ですが、ANAは何時間前でもチェックイン可能みたいです。だから、夜の便でも朝から言っても問題なしということになります。

 

ラウンジもいろいろあり、成田空港の第1ターミナルにはANAのラウンジとユナイテッド航空のラウンジがあります。スターアライアンスゴールドメンバーなので、スターアライアンスメンバーの1つであるユナイテッド航空も利用できることになります。

自分がフライングホヌに乗ったときは、搭乗ゲート近くのANAラウンジはめちゃめちゃ混んでました。うどんとか作ってくれるのですが、長蛇の列。グラスも足りなかったり、食事も出た瞬間取り合う形に。。。これでは落ち着いて品のある感じじゃないですね。

多分、これはフライングホヌというでかい飛行機が原因なのでしょうけど、ちょっと。。。って感じでしたので、自分はユナイテッド航空のラウンジに移住しました。

ユナイテッド航空のラウンジは離れているせいか、がら空き。ANAのラウンジでは窓がなかったのですが、こちらは飛行機がしっかりみれてよかったです。落ち着いた感じでした。ただ、すごい外国雰囲気がありました。

なんで、落ち着いて利用したい場合はユナイテッド航空がいいんじゃないでしょうか。もしかしたら、遠いほうのANAラウンジなら落ち着いているかもしれませんね。

3、常に優先してもらえる。

上級会員になると、もうすべて優先してもらえます。これの何がメリットかというと時間の節約です。人生というのは限りなく短いです。チェックインカウンターで長蛇の列にならんでいると、もうがっくりしてしまいます。そういうときはショップに行ったりするんですが。

そう、飛行機というのは1つの飛行機に多数の人間が集結するのだから、処理が間に合わないわけです。必然と”待つ”ということになってしまうのです。

 

ですが、SFC会員は違います。

チェックイン時もいくらエコノミーが混んでいようが、ビジネスの列に並べます。成田空港は別でしたが、空港によってはビジネスが並んだらエコノミーの列は中断ということもあります。それくらい優先なんです。

また、空港によってはある・なしに分かれますが、手荷物検査も『GOLD TRACK』という専用レーンがあります。ま、こっちも空いているわけです。(さすがに出国審査は無理です)

そして、搭乗時ももちろん、子連れ・お年寄り、ファースト・ダイヤモンド、ビジネス・SFC、エコノミーという順番に搭乗していきます。特にフライングホヌのように多数の人間が集まるとしっちゃかめっちゃかになりますので(しかも、隣でハワイ行きが遅れた関係でさらに人数が多い状況でした)、優先的に搭乗できるというのは人混みが嫌いなひとにとってはいいんじゃないでしょうか。というか、なぜ搭乗前から我先にと並ぶのか不思議です。だって、すぐ入れないじゃん、と横目に遅れてきたのにスイスイ進んでいくわけです。

 

これだけでは終わりません。最後に機内預け入れ荷物も優先的に流れてきます。もちろんファーストとか上位のクラスが優先ですが、早かったです。これも同様にお前らそんなに早く出てこないのに、よく先陣きって居座っているなと感じていました。

 

トータルこういうのは、人数が多いときにメリットが大きいですね。自分は人混みが嫌いで、時間を無駄に感じると嫌なのでこのメリットもいいなーって感じています。

 

上級会員という制度の根本は、幸せのサイクルづくりなのかもしれない。

フライングホヌの搭乗をもとに感じたSFCの魅力語りました。特にこの便は人数も多いし、ハワイ路線ということで普段飛行機に乗らない人も多いし、家族連れも多かったです。

そのため、SFCのメリットが偉大に感じましたね。

またサービスとしてはありませんが、もう1つメリットがあります。

上述しましたが、地上スタッフもCAもみんな優しいんですよね。もちろん、エコノミーに乗ったって同じですが、人間ですから疲れというのは生じるのは当然のことです。なので、差が出ないというのはあり得ないというのが自分の考えです。

想像してみてください、あなたが飲食店の店員としてドバァーとお客さんが来たら。もう接客が大切なのはわかる、でも、それどころじゃない!と。余裕があるときに対応悪ければ怠慢ですけどね。

自分も飲食店でバイトしていたので、この気持ちがわかるんです。

 

となれば、そんな人たちは余裕をもって接客してくれます。そうなると、自分も余裕が持てます。だって、「いつもありがとうございます」なんて言われたら、悪い気しないじゃないですか。

「うん、いえいえ」って笑顔になりません?

そうなると、自分にも余裕が出てくるんですよね。なんか嫌なことあってもいいですよーって思えるし、ほかの人に幸せをシェアしたくなってしまうのは、自分だけでしょうか。

こう『幸せのサイクルを作る』というのが、この上級会員というのの根本なのかもしれませんね。

 

2018年にSFC修行しました。そのときの旅程や反省点をまとめています。

[nlink url=”https://try-try-fly.fun/finish-sfc-playback/”]

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました