読者のみなさまへ。

はい、ほしけんです。

 

今回、皆さんに謝らないといけません。

 

というのも、私、これまでここ数か月、JPYCに関連した記事をこのブログで執筆してきました。多分、このブログを見て、JPYCというものを知った人や始めた人がいると思います。

そして、私、8月の下旬からJPYCの社員として働くことになり、現在も社員として働いています。

 

その際、問題となるのが、自分の身分を隠して、自社の商品の良さを伝えるということです。つまり、これはステルスマーケティングに当たるのではないか、ということを知りました。

 

自分は、JPYCについて良いも悪いも公平な立場で記事を執筆しているつもりですが、このブログを見た方はそうは感じるとは限りません。なぜなら、何度もJPYCという言葉や記事が繰り返されれば、良いものであるという印象を与えてしまいかねないからです。

となると、やはり、ステマに該当する可能性が高いと判断しました。このブログの読者に対して、そして世間に対して、大変申し訳ないことをしてしまったということを感じ、深く反省しております。私の考えが至らなかったから、起こったことです。失礼いたしました。

 

この点を会社と話し合った結果、JPYCの社員としてではなく『一個人として』継続して内容を発信するということになりました。

JPYC社としては『二次流通のご利用は自己責任・自己運用の範囲で!』というように、2次流通の取引には関与しておりません。つまり、自分の発信している内容は、JPYC社としては公式に言えない部分に該当します。

そのため、JPYC社員という身分を明かし、あくまで一個人として、これからも暗号資産の情報・運用方法などをお伝えしていく所存です。

 

 

自分がJPYCと出会えたのが、このブログで。そして、JPYCの魅力にはまっていったのも、このブログのおかげです。

その結果、この会社で働きたい!そう思い、自分は採用の応募をしました。

 

そして、ありがたいことに、採用され、現在に至ります。

 

なぜ、JPYCに出会えたのかという点で、このブログのおかげといいました。しかし、実際にはこのブログの読者がいたから。自分のブログに興味を持ってくれた人がいたから。だから、自分はJPYCに興味を持ったのです。

本当にありがとうございます。

 

最後にはなりますが、この事態を受け、私は大変失礼なことをしたと自覚しています。

これからは、JPYC社員として、みなさまにいいサービスを提供できるように精進します。そして、個人として、1人のユーザーとして、みなさまにこれまで通り、情報を発信してきますので、これからもよろしくお願いいたします。

 

追記

誠に勝手ながら、これ以降、このブログにてJPYCに関する発言はしないことにしました。

※資産の移動などの解説リンクをつけることがあると思いますが、あくまでJPYCではなく”資金移動”が目的であると捉えてください。

ですが、継続して他暗号資産やDeFiなどの解説は行う予定なので、今後ともよろしくお願いいたします。

タイトルとURLをコピーしました