ソラチカルートが終了。新ルート75%還元の”東急ルート”を解説。

ソラチカルートが終了。新ルート75%還元の”東急ルート”を解説。

ソラチカルート終了のお知らせ。。。

 

先日LINEより衝撃的な発表がありました。その内容はLINEポイントの交換サービスの一部終了というものでした。その中には、ANA陸マイラーご用達のメトロポイントも含まれる形になります。つまり、ポイントサイトから81%の還元でANAのマイルに交換できていたところ、このルートは利用できないということになります。

2019年12月27日 15:00に終了する交換先》

■dポイント
■nanacoポイント
■メトロポイント
■ベルメゾン・ポイント
■JALマイレージバンク
■Amazonギフト券(※)
■Pontaポイント(※)
■選べるe-GIFT(※)

https://notice2.line.me/linefreecoins/android/document/notice?country=JP

 

こちらはそのソラチカルートでポイントサイトからANAのマイルに交換した時の記事です。

[nlink url=”https://try-try-fly.fun/change-point-to-anamile-2/”]

 

いやー、これはなかなかの衝撃でしたね。日々せっせと貯め、旅行に使う予定だったんですがね。こういったいい交換というのは徐々に改悪されていくのが世の末なのでしょうか。昨年3月にも同じようなルートが封鎖され、今のルートに至るのですが、1年ごとに改悪されてしまってはなかなか大変です。

ですが、個人的な意見としては「まー、しゃーないか」程度と思っています。というのは、個人的に世界一周の航空券を手配するのが12月だからです。となれば、ほとんど影響はないのです。交換しきってるんでね。

ですが、多くの方はこの影響を大きく受けることになるでしょうが、まだまだ道は残されていますよ。交換率は下がりますが、ほかのルートを紹介しましょう。

【交換率75%!】新ルートの東急ルートを解説。

ソラチカルートに代わり、東急ルートというものが今話題です。さらに東急ルートはソラチカルートよりも交換が早く、上限も10万ポイントと一気にできます。交換率が下がってしまいますが、これは良い点ですね。

実際の交換ルートの流れは下記の通り。

各ポイントサイトからドットマネーに等価交換で交換します。その後、ドットマネーから東急ポイントに等価交換で交換。東急ポイントからANAのマイルに75%の交換率で交換するという流れです。比較的ソラチカルートよりもシンプルな印象じゃないでしょうか。

”ANA TOKYU POINT ClubQ PASMO マスターカード”の発行が必須。

で、この東急ルートを利用するにあたり、1つ準備しないといけません。それは”ANA TOKYU POINT ClubQ PASMO マスターカード”です。

https://www.smbc-card.com/nyukai/affiliate/anatopclubq/index.jsp

年会費は2000円+税ですが、マイペイすリボ・WEB明細にすることで751円+税にまで下がります。また、年会費を払うごとに1000ANAマイルが加算されるので、ただ持っているだけでも十分もとはとれるものです。還元率は0.5%と低いので、ま、東急ルートを利用するためだけに発行というのがメインになるでしょう。

 

実はこのカード、自分前に持っていて解約したんですよね。当時はソラチカルートを知らず、オートチャージを利用したかったから発行したんで、ソラチカルートを知ってからそっちに鞍替えしたんです。なんで、申し込んでも発行できるかどうか心配ですね。また、個人的な感想を言えば、こういった改悪というのは続いていくと思うので、発行をしてまた改悪という流れになりそうなので、自分は見送ることにます。