UAEでアライバルビザを延長する方法を解説。

DCIM100MEDIADJI_0519.JPG

 

 

今回は急遽UAEのビザについてお話ししたいと思います。

 

まずは最初に結論をまとめておきます。自分のブログは無駄に話が長いことが多いので。

 

 

 

ポイント ・UAEのアライバルビザの有効期限は40日 ・延長は入国日から60日まで ・ネットで延長申請ができる

 

コロナによる特例 ※2020.3.1~ビザ期限が切れる場合、5月中に出国すれば延長申請なくても、罰金なし!

というのも、現在自分はドバイにいまして、入国日が3月の10日くらい。 UAEのビザに関して、日本人は到着日含め30日間有効なビザが与えられます。つまり、このビザが間もなく切れてしまうということで、どうしようかと調べました。

なので、ここでは同じ状況の方もおられると思いますので、そもそものビザの内容、そして対策方法など軽くまとめていきたいと思います。

一部引用していますので、もともとのHPが見たい場合は、このリンクから。https://www.dubai.uae.emb-japan.go.jp/itpr_ja/visa_visit.html

スポンサーリンク

そもそも、UAEのビザとは

UAEに入国すると、日本人に関しては30日のビザがもらえます。これは入国するたびにもらえるものなので、一度他国に出国し、再度UAEに入国すると再度30日有効なビザがもらえます。

話はそれますが、UAEはビザランしやすい国ではあることは事実ですね。するつもりはないですが。。。

なので、日本のパスポート所有者は特に観光目的であれば、事前にVISAの取得は不要となり、空港などでビザを取得することができます。

1つ注意したいのは、入国した日から日数は数えます。例えば、1月1日に入国したとなれば、1月30日にビザが最終日。31日にはビザが有効期限切れるということですが。。。

UAEに入国する日本旅券所持者に対しては、入国審査時に30日間滞在できる短期滞在査証(Visit Visa)

 

実はさらに+10日滞在できる出国猶予期間というものがあるんです。

上述の最後に”ですが・・・”としたのは、自分は海外旅行をしてきて珍しいなーと思ったのは、30日過ぎてもOKということなのです。

ん?と思った方もいると思います。そうなんです、不思議じゃないですか?30日有効なビザを与える。なのに、過ぎてもOK?

というのも、このビザが付与されると、さらに+10日の出国猶予期間として与えられているのです。

この出国猶予期間の目的は、他国へ出国する猶予期間ということやビザの延長する期間としてあります。

つまり、実はトータル40日有効なビザが与えられているということなんです。 また、この出国猶予期間に突入したからといっても、なにか申請など必要なものはないようです。(記載がないからそう判断しています)

+10日間の出国猶予期間(Grace Period)が付与されます。この短期滞在査証(Visit Visa)は、入国の都度、付与されます。

これを聞いてどう思いましたか?なんか不思議なルールなんだねと感じませんでした?

自分は感じましたね。 ま、ということでUAEのビザはこういうもんだってことを長期滞在する人は念頭に入れておくといいです。

じゃあ、それ以上滞在する場合は?

先ほどの解説だと、出国猶予期間内で出国するのは問題ありません。しかし、その猶予期間(計40日)を過ぎる場合は?となると、これはもう延長するしかありません。

では、延長するにはどうやってやればいいのでしょうか。

ビザ延長のルール

まずはビザ延長のルールを確認していきましょう。

UAE入国時に付与された短期滞在査証(Visit Visa)は、滞在期間を30日間延長することが可能です。 UAE入国後、一度も出国することなく30日間以上の滞在予定がある方は、必ず出国猶予期間内に延長手続きを行ってください。

なお、手続きは原則入国した首長国での申請となります。

これがビザの延長ルールになりますが、簡単に言えば、先ほどのビザにさらに30日延長することが可能です。

上記の一度も出国することなくというのは、上述した通り”日本人には入国するたびに30日のビザが付与される”から、出国なく30日間以上の滞在予定がない限り、この申請は不要なんだってことなんです

ちょっと最後の文の”手続きは原則入国した首長国での申請となります”に関しては、あとで解説します。ここではふーん、程度で考えてください。

 

で、この延長ルールが少しややこしくて、出国猶予期間を含めて30日の延長なんです。例えば、30日滞在、そのまま猶予期間である10日を延長の申請しながら滞在したとします。そして、入国40日目に延長OK!となったとしたら、普通はそこから30日の延長なんかなと思うんですが

実は残りの滞在可能日数は、20日になります。 ま、ややこしいって感じたら、入国してから60日までが延長してもいられる期限だよってことです。

ビザ延長の費用は?

UAEに初めて入国する場合のビザに関しては、もちろん無料で付与されます。 しかし、延長するとなれば、費用が掛かってきます。

一般旅行者(短期滞在)の場合の査証期限延長費用 査証期限延長手数料:AED810 代書料:AED30~60(業者により料金が異なります。)

これが延長する場合の費用になります。業者によりけりですが、合計850AED(※AEDは、UAEの通貨で1AED≒30円) つまり、2.5万円くらいはかかるということですね。うーん、時間が許すならオマーンにバスで行ってのほうが安いです。

ビザの期限過ぎた場合の罰金は?

残念ながらビザの有効期限を過ぎた場合は、罰金が科せられます。人によりけりですが、思った以上に自分は安いかなと感じました。

延長せずに数日過ぎるくらいであれば、延長の申請よりも安く済みますから。 では、見ていきましょう。

罰金については下記の通りとなります。(2020年3月現在)                    

(1) 一般旅行者(短期滞在者)の方

●UAE出国時の出国許可(Exit permit)費:AED220

●1日毎にAED100が加算

例)オーバーステイ1日目の出国: AED220+AED100=AED320

2) UAE滞在許可(レジデンスビザ)の有効期限が切れた方

●UAE出国時の出国許可(Exit permit)費:AED220

●6ヶ月未満:1日毎にAED25が加算 ●6ヶ月を経過し1年未満:1日毎にAED50が加算 ●1年以上経過した場合:1日毎にAED100が加算

ちょっと(2)のレジデンスビザの意味がわかりませんが(というのもこのHPにレジデンスという言葉が出るのが、ここが初)多分、意味合いとして延長したひとのことを指すと思います。ここではその前提で考えていきます。違っても責任はとれません。

で、(1)の短期滞在者が延長せずに、40日を過ぎてしまった場合に該当します。 その場合は出国許可費として220AED+1日毎に100AEDの加算ということ。 先ほど、延長に850AED程度かかるということでしたが、こう考えると6日程度のオーバーであれば、わざわざ申請するよりもお得であるのは事実です。ま、これが人間として正しいかは置いておいて、金銭面の話です。

また、(2)のほうに関してもほぼ同様で出国許可に、割安となった1日毎の加算です。

ビザ延長の申請場所

はい、話を少し戻しまして『なお、手続きは原則入国した首長国での申請となります。』について話しましょう。

UAEは1つの国ではあります。しかし、いろんな首長国のあつまりであるというのが本当の話です。

それは国名にもあります。 UAE(United Arab Emirates)日本語で言えば、アラブ首長国連邦。7つの首長国が集まってできた国であるということ。んー、ややこしい。 参考までにアブダビ、ドバイ、シャルージャ、アジュマーン、フジャイラ、ウンム・アル=カイワイン、ラアス・アル=ハイマの7つです。

つまり、7つの国に力が各々あると考えられるでしょう。ま、合衆国といえばアメリカもそうですね、あそこも各州ごとに力を持っています。ある意味あそこも国が集まってできた国でもあるんです(税率とか州によって違う)

そんなことで、自分の想像だと1つの国だけど、別れた国でもある。なんで、入国に関しても、各首長国ごとに権限があるのではないかと考えられます。

なので、延長する場合、入国した首長国にお願いしまーすって感じで行かないといけないというわけ。ドバイで入国したならドバイで、アブダビで入国したならばアブダビで。

つまり、遠い首長国から入国した場合は・・・そこまで行かないといけない。。。なんで、特にオマーン入国の場合は気をつけてください。ドバイから北に数時間車を走らせるとここはオマーン領なので、帰るときは再入国扱いになり、下記の地図で見ればわかりますが、ラアス・アル=ハイマ首長国の管轄下になります。

ここで困ったことを話します。自分は隣国のオマーンという国からバスできました。

皆さん考えてみてください、いやいやどこのルート通ってきたかわからん!!

 

実はこのオマーンとの面しているところ、いろんな首長国(ドバイ、シャールジャ、フジャイラ、ラアス・アル=ハイマの4つ)が入り混じっているんです。どこ通ったかわからん上に、どの首長国なのかわからん。という状況。

これどうやって判断するかというと、入国した時のスタンプを見ればわかりますって、領事館の人は言うんです。

見て下さい、どこにどの首長国って書いてありますか??(ちなみに下のアラビア文字に書かれています)

英語ならともかくアラビア語で書かれているんですよ、領事館の人間は、UAEに来る日本人はみなアラビア語が読めると考えていると思っているようです。厳しい世の中です。

さてさて、困りました。ま、ここら辺の対策は現地のホテルの人にこれって何て読むん?って聞くのが早いです。実際に自分はそうしたら、どうやら首長国の名前が記載されているのではなく、入国した場所の地名が書かれているようで自分はHatta(地図の茶色の飛び地)というドバイの場所から入国したようです。

 

わかるかい!!

 

とはいっても、世の中オンラインですよね?そちらから申請することが可能です。わざわざ行く必要がないです。UAEは先進的です。

延長はネットからできるようだ!!

先ほど領事館に対して愚痴をこぼしてしまいましたが、これは事実です。本音です。

しかし、その後、領事館の人はネットでも延長の申請できるよーっていうメールをくれました。

https://amer.gdrfad.gov.ae/auth/signin   ふむ、ぱっと見じゃわからんね。

 

ということで、途中までやってみたので解説。

1、会員登録をしていく。

まずリンクを開くとこのような画面になる。アカウントを持っていないので、”Do not have an account?”を選択し、会員登録をしていく。

ちなみに、黄土色の欄にできることが書かれている。もちろん旅行者の場合はVisitorsで、内容としてアライバルビザの延長のみになっている。

会員登録はこの画面で、特に特記すべき点はないと思うが、ユーザーネームは名前である必要はないようだ。

また、パスワードの条件がなかなかややこしいので画像に記載しておいた。 登録完了後、メールを受信するのでそのリンクを選択すると、本登録完了になる。

2、延長の申請をしていく。

続いて、本題であるビザの延長だ。まずは”Creat Application”を選び、自分が何をしたいのか選んでいく。 左から順に選択していけば問題ない。アライバルビザの延長であればこんな感じになる。ちなみにExtendは延長という意味。

続いて、ここも特記すべき点はないが”Year of Birth”である点に注意しよう。日付の入力は不要である。なぜ書いたかといえば、自分は入力してしまってエラーになったからだ。。。

そうすると、この画面になる。さすがというべきか、先ほどまでの情報を入力すると名前や国籍が表示される。国籍入力した覚えはないんだが。

で、ここでは電話番号とメールアドレスを入力する。電話番号はUAEのもの限定のようだ。

これは自分が見ていてもしかしたらと思う点だが、右上の”File Number”の【204/2020】という数字。これは多分自分のビザの有効期限を表していると思う。これは出国猶予期間も含まれた日付のようだ。数えてみたら実際に4月20日が40日目だった。

ここではパスポートの画像を添付する。特にどのファイルで送ればいいのかとかどこの画像を添付するとは書いてないが、自分の写真が入ったページを添付しよう。パスポートの表紙を送ってもしょうがないしな。

自分はUAEのIT技術が優れていると思っているので(日本と比べて)わざわざ入国スタンプは送る必要はないと思う。必要あれば連絡が来るはずだし。

3、支払いをする

ということで、延長申請に関してはほぼ終了。あとは支払いのみだ。ここでは請求金額が表示される。

これを見ると思うのは、なぜ領事館が提示しているサイトの料金と違うのか疑問でしかない。あっちでは”810AED+α”となっている。こうなると、自分が入力を間違ったのではないかと感じざる終えない。。。

50AEDの差があるわけだが、そこのところを領事館は把握しているのだろうか。果たして1回でも試しにやってみたのだろうかと疑問が浮かぶ。

支払いをしようとするとさらにプラスで費用が掛かってくるようだ。。。だったら最初からまとめるんじゃないの?と疑問もあるが、まぁいいだろう。

 

ということで、自分は申請はしていないので、解説できるのはここまで。申請後何日必要なのかとかに関しては全くわからない。

ビザの延長しなくても罰金はありません(コロナによる特別処置)

 

と、こんな風に書いていて途中であることを知る。それは、UAEのアライバルビザが期限過ぎても罰金しないよということを発表したからだ。そもそも、なぜこの記事を早急にまとめようと考えたのは、同じく困っているであろう人がいるからだ。であるなら、まとめてあげようと。

この努力も徒労に終わることを知る。まぁ、いい、自己満で行こう。もしくは世の中が元に戻って役に立つときが来てほしい。

ドバイ在留・外国人問題総局は,3月1日から3ヶ月間,全てのUAE滞在ビザ(On Arrival Visaを含む)の有効期限切れによる罰金を免除することを発表しております。

(3)現在UAE国内に滞在中の短期滞在ビザ(On Arrival Visa)所持者の扱い
 下記のURLより,オンラインにて延長手続きは可能(手数料約AED800)。ただし,6月1日までの間に延長手続きを行わずに出国する場合であっても,罰金は課せられない。

                                     在ドバイ日本国総領事館のメールより一部引用

メールを受け取ったのだが、なんともよくわかりにくい。オンラインによる延長手続きは可能。たけど、行わずに出国する場合もOK。。。

え?これ理解できる普通。ならなんで延長する意味があるのか。うーん、難しいが1つの仮説としてアライバルビザには実は90日滞在を付与する国がある。これがなにか関係しているのではないかなと、6月1日を過ぎる場合でもオンライン延長できるよーということだろうか。まぁ、日本人には関係ないことである。

まぁ、あまり領事館に愚痴ってもしょうがないし、仕組み知らんしとは思うんだけども

公式ツイッターが31日に発表しているのにメール送信が4月3日夜ってなんなん。

 

いや、ここは海外だから、求めてはいかんよな。

コメント

タイトルとURLをコピーしました