SFCカードにVISAタッチ決済機能を追加するため、切り替えをした話。海外旅行者は必要です。

SFCカードにVISAタッチ決済機能を追加するため、切り替えをした話。海外旅行者は必要です。

最近いろいろな決済方法がありますよね。例えば、日本で大人気の現金!笑

ほかにも、最近還元が大きいバーコード決済。昔からあったクレジットカード決済。

 

現金で支払うと、小銭の管理や財布からお金が少なくなればATMで引き出しに行かなければなりません。また、バーコード決済も便利なのですがレジ前で通信がうまくいかないと、バーコードを表示するまでに時間がかかったり(自分はよくあります)、いろいろ種類があるから管理が面倒。クレジットカードも、店舗によってはいまだにサインを求められたり、まだマシなほうですがPINコードによる暗証番号を入力するという手間があります。自分だとクレジットカードを10数枚持っているので暗証番号の管理が面倒です。

なんだかんだ一番決済として簡単だなーって思うのが、iDやEdy、Suicaのようなタッチで決済ができるものなんだと思うんです。そう思いませんか?EdyやSuicaはちょっとチャージの手間がありますが、iDやQUICPayはチャージ不要なので本当にタッチで決済完了なのです。

ですが、クレジットカードにiDが搭載されていなければ利用はできません。

 

最近VISAが非接触型(タッチ)の決済を導入しています。非接触型とはiDとかのことです。

ま、iDを使うときに機器にタッチしているので、非接触かどうかは・・・ってところもありますが、接触型はリーダーに読み込ませたり、差し込んだりするタイプのことをいいますから、非接触なんでしょう。

これ便利じゃないですか?日本ではまだまだ導入はマクドナルドやローソンとか少ないですが、海外でもこういった決済は可能になっているようでしたので、今後の世界一周を鑑み、交換という形で自分が所有しているANA VISAワイドゴールドカードをしてもらいました。

 

今回はこのVISAタッチ決済について紹介し、自分が切り替えしたカードの情報もまとめてお伝えします。

VISAタッチ決済はサイン等不要!簡単・安全に世界でも利用できるんです。

改めてVISAのタッチ決済について紹介します。

これは、店舗にある決済機器にクレジットカードをタッチするだけで、決済完了してしまうという画期的なものです。もちろん、サインや暗証番号は不要です。

流れとしては下記に添付の動画で確認してもらいたいですが、説明もいらないくらい単純です。

 

だって、タッチするだけですもん。

すべてのクレジットカードが利用できるわけでもないし、すべての店舗で利用できるわけでもないです。大切なのは”なみなみー”があるかどうか!!

ですが、すべてのクレジットカードで利用できるというわけではありません。利用できるのはこのマークが入っているクレジットカードのみなんです。

この“なみなみー”があるのが対象になります。いま所有しているカードがなくとも、クレジットカード会社に伝えれば、審査なく切り替え発行してくれますよ。

 

また、店舗にも条件があります。それはこのタッチ決済対応機種かどうかという点です。それを判別するにはこのロゴがある店舗になります。ま、こちらも”なみなみー”があるかどうかってところです。

これを導入するメリットって何なん?答えは”早い””安心”です。

冒頭にも説明しましたが、このタッチ決済のメリットはタッチで決済が完了すること。まずこれが一番のメリットになります。

そして、タッチ決済だとセキュリティ的に大丈夫なの?と思う方もいるかもしれませんが、世界基準のセキュリティを採用しているので、安全でしょう。また、悪用されたとしても補償の対象になるでしょうから、支払うことにならなくて済むでしょう。

 

そして、もう1つのメリットは国内はもちろん、海外でも利用できるということ。特に海外だとクレジットカード決済するときに裏に持ってかれて・・・と心配になりませんか?自分は心配になってしまうたちです。ですが、この決済なら機器を持ってきてもらい、タッチするだけですので、カード表面にあるカード番号などを見られることは防げます。国内だとそういうことをする人は少ないでしょうけど、海外だとありえそうな話です。

だからこそ、このタッチ決済は大きなメリットとなりうるのです。

 

 

日本での導入店舗は、マクドナルド、TSUTAYA、ローソン、関西国際空港などのようです。なので、日本ではまだまだ導入している店舗は少ない印象ですね。

海外での導入店舗は、、、というと、サイトに記載がないのでわかりません!というのが実情です。ですが、サイトには”世界約200の国と地域で利用可能”とあります。多分世界の国は195カ国(日本基準)なので、全世界で導入はないと思いますので、どこら辺の国が利用しやすい国なのかわかりません。。。今後世界一周するときに調査してみましょう!

全部のクレジットカードがタッチ決済できるものを発行してくれるとは限りません!

悲しいことに、すべてのクレジットカード会社にお願いすればタッチ決済可能なクレジットカードを発行してくれるとは限りません。サイトには一部と書いてありますので、もしほしいぜ!という人で載っていなければ、連絡して確認してもらいましょう。

対象のクレジットカードは、下記のリンクから確認してみてください。

印象としてはイオンカード系、三井住友ビザカード系、オリコカード系、JALCARDですかね。載っていなくとも、発行カード会社があればもしかしたらチャンスあるかもしれないです。発行元のカード会社はカード裏面にて確認できます。

https://www.visa.co.jp/pay-with-visa/featured-technologies/contactless.html

所有するANA VISAワイドゴールドカードを切り替えてみた!

自分が所有するクレジットカードにANA VISAワイドゴールドカードがあります。厳密に言うと、スーパーフライヤーズ(SFC)ゴールドカードなんですが、クレジットカードの内容としては変わりありません。SFCという機能がついているだけです。

 

先日、この切り替えを発行元である三井住友ビザカードに連絡してみたら、無料で切り替えしてくれるとのことでしたので、発行しました。もちろん、カードの審査はありませんし、ありがたいことにカード番号の変更もありませんでしたので、気軽に発行できますね。

大体連絡から到着まで1週間程度でした。審査がないから早いですね。

切り替え前と切り替え後の違いはこちら。なんだか切り替えたときのほうがデザイン的にすっきりしてよくないですか???自分はこれがいいですね、気に入りました。あと、ICチップの形が変わりましたね。

とはいっても、普段はKyashに紐づけしているんで、出すことはないんですけどね。。。