【週末海外】海外旅行の持ち物はこれで十分!購入したVibe25に詰めてみた。

【週末海外】海外旅行の持ち物はこれで十分!購入したVibe25に詰めてみた。

Vibe25で週末海外いってきたので、容量とか必要なものリストを作ってみる。

先日、金曜から日曜までベトナムのハノイに行きました。現地1泊で機内泊1日の2泊3日の旅行になります。

今回は週末旅行ということとベトジェットエアというベトナムのLCCを利用するということで、できるだけ身軽に行けるようにリュック1つで行きました。

そのリュックはpacsafeという会社のVibe25というもの。名前の通り25Lの容量になります。このリュックを購入したのは今後考えている世界一周のサブバックとして利用したいからでした。

細かいバックの情報はこちら。

[nlink url=”http://try-try-fly.fun/pacsafe-vibe25/”]

25Lというと心もとないと感じるかもしれませんが、そんなこと全然ありませんでした。特に週末旅行くらいの数泊ならこれくらいで十分です。では、実際にパッキングしてみた状況をお伝えします。

Vibe25に実際に詰めてみたらこんな感じになった。

自分が必要かなと思うものを詰め込みました。下記に何を入れたか詳細を書きますが、容量の半分くらいで済んでいます。半分くらいならお土産を買っても十分スペースがありますし、ほかのものを追加しても十分許容があります。

詰めてみた持ち物一覧を紹介します。

 

 

自分はもともとものをあまり必要としない生活をしていますので、少ないように見えるかもしれません。

では、一覧にしてみます。(あくまでバックに入れたものの一覧になります)

必需品

・パスポート

・着替え(Tシャツ×2枚、下着×1枚、靴下×1セット)

ガジェット類

・タブレット

・カメラ

・EK7000(Go Proみたいなもん)

・Anker PowerCore Fusion5000(モバイルバッテリー兼充電器)

・変換プラグ(いちいち国に合わせて持っていくのは面倒なので、3つ毎回持っていっています)

・重量計(機内持ち込みの7kgを守るためですが、空港のチェックインカウンターで測定して調整するのも可)

・予備の充電ケーブル(Type-Bのみ)

・盗難防止用グッズ

あったらいいもの

・本

・サンダル

・歯磨きやシャンプーなど

これで大体4kgを切ります。自分なりの選別理由。

これでバッグの重量と合わせて4kgを切っています。なので、お土産に3kgのプラスは可能です。

個人的に充電ケーブルとかはType-Bに統一しています。というのも、いちいち海外旅行行くのに充電ケーブルを複数持っていくのは面倒だし、Type-Bは世界で広く利用されているタイプのものなので紛失しても比較的手に入りやすいです。なのでType-Cが現在主流になっていっていますが、あえてスマホもタブレットも統一するようにしています。

また、現在はスマホのカメラの能力が上がっているので、カメラやGoProも不要なのかもしれません。自分はASUSのZenfone4 MaxProを使っていますが、カメラの性能が気に入らないのでカメラは必須です。

今回はLCCを利用するので、機内での時間が暇です。なので、タブレットに本や映画をダウンロード、本を持っていくと時間があっという間に過ぎていきますのでおすすめです。

Vibe25の不満点

今回このベトナム旅行でVibe25のみを利用しました。行きは十分でしたが、帰りお土産を購入したことにより、キャパオーバーしましたので容量としては物足りないかなという印象です。

また、このバッグの魅力である盗難に対する防御力は高いですが、ものを取り出すときにいちいち何回も鍵を開けては締めを繰り返すのは何とも面倒な気もしました。(ただこの面倒と安全は表裏一体なんですけど)

あとサイドにドリンクホルダーがあります。しかし、なぞのベルトが邪魔をしていて取り出しは問題ないのですが、バッグを背負いながら収納はこのベルトに引っかかるので難しいです。また500mlのペットボトルだとすっぽり全体が収まるくらいのサイズ感なので、1Ⅼとかのほうがしっくりきます。(今回1.5Ⅼも入れましたが、バッグを圧迫して中の容量が減ってしまいました。)

腰ベルトという重いものを持った時に楽になるものですが、ちゃっちいベルトなのであまり期待しないほうがいいかなという印象。しかし、バッグ自体小さいのでそこまで重くはならないと思いますが。